人気のWiFiレンタルショップランキング

海外

国内用のWiFiルーターレンタル店を徹底比較!
人気No.1のおすすめレンタル店はどこ?

旅行・出張・一時帰国など必要な時だけ便利に使えるWiFiルーターのレンタルサービス、数多くの業者の中でも最もオススメなWiFiレンタル店はどこなのか? そんな疑問に答えるべく各社のサービスを料金や便利度などで徹底比較してランキング化しました。国内でWiFiルーターのレンタルを検討している方はぜひ当サイトのランキングを参考にしてください。尚、海外用のWiFiルーターショップの紹介ページもありますのであわせてどうぞ!

国内WiFiルーターレンタルランキング

WiFiレンタル本舗

業界最安級の料金と即日発送・簡単ポスト返却で満足度No.1!

WiFiレンタル本舗は人気No1のレンタルショップです。1日あたり430円でワイモバイル・WiMAX・ドコモの3種類のWiFiルーターが格安でレンタルできます。必要な金額は日数分のレンタル料金と往復送料の1080円のみ。16時までの注文で最短翌日から受取可能、返却もレターパックに入れてポスト投函OKと楽チンです。値段的には最も安く、サービス・料金・満足度すべてNo1のおすすめショップです。

料金 便利度 取り扱い端末
1日あたり430円 ※税込み
1ヶ月(31日間)6450円(月毎清算なし) ※税込み
(さらに長期レンタル割引あり)
当日発送可能
ポスト返却OK
銀行振込みOK(法人のみ)
ワイモバイル
WiMAX
ドコモ

こんな方におすすめ!

・とにかく安くお得にWiFiルーターをレンタルしたい方
・手続きが簡単で手軽に利用したい方
・海外からの一時帰国でWiFiを空港で受け取りたい方
・法人契約でレンタルしたい方

WiFiレンタル本舗のサイトへ行く クチコミ

auWiFiレンタル店

便利なサービスがたくさんある人気のショップ

auWiFiレンタル店WiFiレンタル業界大手「WiFiレンタル屋さん」グループが運営する、auBankWiFiルーターの専門店です。1日あたりのレンタル料は650円、WiFiルーターの性能も、①エリアが広い②LTE対応で高速③通信制限なし④大容量バッテリーと高性能です。au回線なので当たり前ではありますが、auの携帯と同じエリアで利用できます。スマホのデータ制限にかかった方にもおすすめです。

料金 便利度 取り扱い端末
1日あたり650円 ※税込み
1ヶ月レンタル9750円(月毎清算無し) ※税込み
ポスト返却OK
当日発送可能
土日祝日営業
au

こんな方におすすめ!

・少し高くても性能のよいWiFiルーターをレンタルしたい方
・サービスが良く手続きが簡単な方が良い方
・海外からの一時帰国でWiFiを空港で受け取りたい方

auWiFiレンタル店

SoftBank WiFiレンタル店

WiFiレンタル屋さんからソフトバンク専門店が誕生

WiFiレンタル屋さんの姉妹店が誕生しました。WiFiレンタル屋さんに取り扱いのなかったソフトバンクの専門店です。1日あたりの料金は少し上がりますが、通信データ量の上限がなく、エリアも広い(ソフトバンク携帯と同じエリア)WiFiルーターがレンタルできます。レンタルシステムもWiFiレンタル屋さんと同じで、返却時はポスト投函だから便利ですね。

料金 ※税込 便利度 取り扱い端末
1日あたり550円
1ヶ月レンタル8,250円(月毎清算無し)※税込
ポスト返却OK
当日発送可能
土日祝日営業
ソフトバンク

こんな方におすすめ!

・通信制限を気にしたくない方
・広いエリアで使用したい方
・すぐにレンタルしたい方

SoftBank WiFiレンタル店のサイトへ行く

au WiFiWALKER

800MHzのプラチナバンド使用のレンタルWiFi

au WiFiWALKERは800MHzのプラチナバンドを使用したau WiFIWALKER LTEの機種がレンタルできるWiFiレンタルサービスです。料金は1日あたり690円、ご利用の前日まで申し込み可能です。早割りも実施しており、1ヶ月以上前のご予約で料金が10%オフになります。更に嬉しい往復送料無料!短い期間ならかなりお安く利用することが出来ます。

料金 便利度 取り扱い端末
1日あたり690円
1ヶ月あたり12000円
空港での受け取り可能
早割りあり
au

こんな方におすすめ!

・800MHzのプラチナバンドを利用したい方
・通信制限を気にせず使いたい方
・1泊~数日などの短い期間で利用したい方

au WiFiWALKERのサイトへ行く

JAPAN WiFi Rental(ジャパンワイファイレンタル)

新規OPEN!格安価格でソフトバンク端末がレンタル可能

高機能「ソフトバンク303ZT」が最安級価格でレンタルできるショップです。料金のほかにも即日発送、簡単ポスト返却、空港受取OKとうれしいサービスが揃っています。また、サイト内の切り替えで日本語・英語・中国語2種に翻訳出来るので、外国語での注文を希望されてる方には便利です。

料金 便利度 取り扱い端末
1日あたり430円 ※税込み
1ヶ月(30日間)レンタル6,450円(月毎清算なし) ※税込み
当日発送可能
保障サービス有り
ポスト返却OK
SoftBank

こんな方におすすめ!

・英語・中国語対応希望の方
・高スペックソフトバンク端末を使いたい方
・すぐにレンタルしたい方

auWiFiのサイトへ行く

長く借りたい人はこちら!長期WiFiレンタル専門店ランキング

WiFiルーターを長期で使いたいけど、2年契約は嫌だし解約金は払いたくない。そんな時は長期で使えるWiFiレンタルショップを利用しましょう。使いたい時に申込みひとつですぐ利用でき、解約はいつでも出来て違約金もありません。長期出張、長期の一時帰国など比較的長い期間で、返す日も決まっていない場合などに便利なサービスです。

WiFiレンタル本舗

長期レンタルも業界最安級!即日発送・簡単ポスト返却で満足度No.1!

WiFiレンタル本舗は長期レンタルでも人気No1のレンタルショップです。レンタルプランにもよりますが1ヵ月最大5000円まで安くなります。必要な金額は日数分のレンタル料金と往復送料の1080円のみ。16時までの注文で最短翌日から受取可能、返却もレターパックに入れてポスト投函OKと楽チンです。値段的には最も安く、サービス・料金・満足度すべてNo1のおすすめショップです。

料金 便利度 取り扱い端末
1日あたり430円 ※税込み
1ヶ月(31日間)6450円(月毎清算なし) ※税込み
さらに長期レンタル割引あり!最安5000円/月
当日発送可能
ポスト返却OK
銀行振込みOK(法人のみ)
ワイモバイル
WiMAX
ドコモ

こんな方におすすめ!

・とにかく安くお得にWiFiルーターをレンタルしたい方
・手続きが簡単で手軽に利用したい方
・海外からの一時帰国でWiFiを空港で受け取りたい方
・長期でレンタルしたい方

WiFiレンタル本舗のサイトへ行く クチコミ

WiFi長期レンタル館

1ヶ月5,880円ですぐに契約出来て、いつでも解約可

WiFi長期レンタル館 はWiFiルーターの長期レンタルが出来るお店です。税込み1ヶ月5880円のレンタル料金だけで使用でき、いつでもすぐに解約できることが利点です。端末購入費や解約料等も一切かからないため、必要な時期だけ使うことが出来る便利なサービスです。また、今ならキャンペーンで事務手数料3150円が無料!

料金 便利度 取り扱い端末
1ヶ月レンタル5880円(月毎清算) ※税込み 当日発送可能
イーモバイル
WiMAX

こんな方におすすめ!

・数ヶ月など長期間の利用を想定している方
・キャリアで複数年契約はしたくないけどWiFiを持ちたい
・長く利用する予定で、終了期間が決まっていない方

WiFi長期レンタル館のサイトへ行く

e-ca

ワイモバイルを扱っているレンタル専門店

e-caは、税込み1ヶ月6480円で利用できるWiFiルーターレンタルの専門店です。WiFiレンタル屋さんよりは多少値段が高く、扱っている機種もワイモバイルのみとなっています。WIFI-HIREと同じベストリンク株式会社が運営しています。以前は短期レンタルも取り扱っていましたが、こちらは廃止となってしまったようです。

料金 便利度 取り扱い端末
1ヶ月レンタル6480円(月毎清算) ※税込み
当日発送可能 ワイモバイル

こんな方におすすめ!

・数ヶ月など長期間の利用を想定している方
・キャリアで複数年契約はしたくないけどWiFiを使いたい方
・長く利用する予定で、終了期間が決まっていない方

e-caのサイトへ行く

国内WiFiルーターレンタル徹底比較ランキング!

各サイトのサービスを徹底比較!値段、便利度、取り扱い機種・・・それぞれの項目ごとにランキング化しました。1位のショップはどこ!?要チェックです!

WiFiレンタルサービス料金プラン徹底比較ランキング!

1位
WiFiレンタル本舗
2位
WiFiレンタル屋さん
3位
au WiFiWALKER
【レンタルプラン】
・1日あたり430円
・1ヶ月レンタル6,450円
※ワイモバイル、WiMAX、ドコモすべて同額
※月またぎ清算なし

【講評】
1日当たりのレンタル料金は430円(税込み)と業界最安レベルの格安。1ヶ月も6,450円で非常にリーズナブルです。月ごとの清算等も無いので何日から使っても1ヶ月6,450円でOK。料金面で見ればWiFiレンタル本舗がNo.1のショップだと思います。
【レンタルプラン】
・1日あたり450円
・1ヶ月レンタル6,750円
※ワイモバイル、WiMAX共に同額
※月またぎ清算なし

【講評】
WiFiレンタル屋さんと比較して値段の面で言えば高いです。ただ、送料無料や保障サービス無料、FOMA取り扱いなど他社には無いサービスがありますので、上手に使えば安くなる場合もあるでしょう。
【レンタルプラン】
・1日あたり690円
・1ヶ月レンタル12,000円~
※月またぎ清算なし
【講評】
他の二つのショップと比較して値段の面で言えば高めです。ただ、au 4G LTEは他社よりは若干繋がりやすいという特徴があります。値段が高くてもサービスエリアを重視する方にはおすすめです。

WiFiレンタルサービス便利度徹底比較ランキング!

1位
WiFiレンタル屋さん
2位
WiFiレンタル本舗
3位
WiFi-HIRE.com
【評価ポイント】
・17時までの注文で当日発送(土日祝日可)
・ポスト投函OKの簡単返却
・ホテル配送、空港配送OK
・直接受け取り可能

【講評】
17時までの注文で最短翌日到着が可能。また返却時は郵便局のレターパックを利用するのでポスト投函で返却できるところが便利です。ホテルや空港への配送もできるので、送る場所も自分の都合の合わせて選べます。
【評価ポイント】
・平日16時までの注文で当日発送
・ポスト投函OKの簡単返却
・ホテル配送、空港配送OK
・1日からレンタルOK
【講評】
平日16時までの注文で当日発送が可能です。返却もレターパックで簡単ポスト返却が可能ですし、ホテル・空港への配送もOKと便利です。また1日からレンタルできるのも特徴です。
【評価ポイント】
13時までの注文で当日発送
配送無料・保障サービス無料

【講評】
13時までの注文で当日発送が可能です。料金的には若干お高いですが、配送料は無料で保障サービスも無料なためうまく使えば便利なサービスです。

レンタルWiFi端末種類徹底比較ランキング!

1位
WiFi-HIRE.com
2位
WiFiレンタル本舗
3位
WiFiレンタル屋さん
【取扱機種】
・ワイモバイル(GLO1P GL04P GL06P)
・au(Wi-Fi WALKER LTE)

【講評】
取り扱いはワイモバイルが3機種とauのWi-Fi WALKER LTEです。ワイモバイルは若干古いタイプの機種もありますが使用にはそれほど問題はないでしょう。auはエリアが広めです。
【取扱機種】
・ワイモバイル(GL06P)
・WiMAX (NAD11)
・ドコモ ( ZTE MF98N)
【講評】
取り扱いはワイモバイル・WiMAX・ドコモです。WiMAXは薄型でコンパクトなつくりをしています。ワイモバイルの機種も比較的新しい方の機種なので使用に関しては全く問題ないでしょう。最新機種としてドコモの取り扱いをはじめましたが人気機種のため品切れであることが多いです。
【取扱機種】
・ワイモバイル(GL06P)
・WiMAX (WM3800R)

【講評】
取り扱いはイーモバイルとWiMAXがそれぞれ1種類。取り扱い種類は少ないですが、端末は比較的新しい機種なので、特別こだわりがなければ利用に関して問題は無いと思われます。

国内WiFiルーターレンタル時のチェックポイント!

接続制限、エリア、バッテリー等・・・レンタルするときはここに気を付けよう。

WiFiルーター各社の接続制限

イーモバイル(GL09以外) WiMAX FOMA
1ヶ月単位での利用制限無し。
※直近24時間の通信料が300万パケットを超えると、21時~2時の間に通信制限がかかる場合あり。

【講評】
イーモバイルのWiFiルーターは1ヶ月単位での利用制限等は特になく、いくらでも利用することが可能です。ただ、直近24時間の通信料が300万パケットを超えた場合、午後9時から午前2時までの間に速度制限がかかり通信が遅くなる場合があります。昼間の利用には制限等は全くありません。

※イーモバイルの発表によると、2014年5月以降、1ヶ月の通信量が10GBを超えた場合に通信制限が入る予定とってなっています。
利用制限無し。

【講評】
WiMAXのWiFiルーターは利用制限は何もありません。どんなに使おうが制限されることはありません。動画の閲覧等、夜も通信量の大きい使い方をされる場合はWiMAXを選ぶと良いでしょう。
1ヶ月単位での利用制限無し。
※当日を含む直近3日間のパケット通信量が300万パケットを超えると通信制限がかかる場合あり。(機種によってパケット料が異なる場合あり)

【講評】
FOMAのWiFiルーターも1ヶ月単位での利用制限は無いが、当日を含む直近3日間のパケット通信量が300万パケットを超えると通信が制限される場合がある。イーモバイルのように夜だけの制限ではなく、全時間にかかるのでこちらの方が少々厳しい縛りです。