都道府県別のモバイルWiFiルーター電波状況/使用可能エリアについて

更新日:2017/04/09

WiFiルーターの通信可能エリア

WiFiルーターの通信可能エリアを都道府県別にまとめました。調べた通信事業者はY!mobileとWiMAXとSoftbankの3社です。 それぞれの通信事業者のサービスエリアマップを確認して、使用可能なエリアとそうでないエリアをご案内しています。

※エリア内であっても、エリアのギリギリの場所や地下・または建物の中など、電波が届きづらい場所がございますので、ご注意ください。

北海道のWiFiサービスエリア

青森県のWiFiサービスエリア

秋田県のWiFiサービスエリア

岩手県のWiFiサービスエリア

宮城県のWiFiサービスエリア

山形県のWiFiサービスエリア

福島県のWiFiサービスエリア

茨城県のWiFiサービスエリア

栃木県のWiFiサービスエリア

群馬県のWiFiサービスエリア

東京都のWiFiサービスエリア

神奈川県のWiFiサービスエリア

埼玉県のWiFiサービスエリア

千葉県のWiFiサービスエリア

山梨県のWiFiサービスエリア

静岡県のWiFiサービスエリア

新潟県のWiFiサービスエリア

長野県のWiFiサービスエリア

愛知県のWiFiサービスエリア

三重県のWiFiサービスエリア

岐阜県のWiFiサービスエリア

富山県のWiFiサービスエリア

石川県のWiFiサービスエリア

福井県のWiFiサービスエリア

滋賀県のWiFiサービスエリア

大阪府のWiFiサービスエリア

兵庫県のWiFiサービスエリア

京都府のWiFiサービスエリア

奈良県のWiFiサービスエリア

和歌山県のWiFiサービスエリア

岡山県のWiFiサービスエリア

鳥取県のWiFiサービスエリア

広島県のWiFiサービスエリア

島根県のWiFiサービスエリア

山口県のWiFiサービスエリア

香川県のWiFiサービスエリア

徳島県のWiFiサービスエリア

愛媛県のWiFiサービスエリア

高知県のWiFiサービスエリア

福岡県のWiFiサービスエリア

佐賀県のWiFiサービスエリア

大分県のWiFiサービスエリア

熊本県のWiFiサービスエリア

鹿児島県のWiFiサービスエリア

宮崎県のWiFiサービスエリア

沖縄県のWiFiサービスエリア



人気店ランキング

1位

WiFiレンタル屋さん

2位

auWiFiレンタル店

3位

WiFi長期レンタル館

4位

JALエービーシー

5位

ソフトバンクWiFiレンタル店

サイドバナー

WiFiレンタルの注意点[通信容量]

レンタル会社、レンタル機種によって、使用できる通信容量が異なります。ご自身でどれくらい通信量を使用するか考えてからご注文したほうがいいでしょう。 実際にどれくらい通信量を使用するかどうかわからない場合、目安となるのは、動画(youtubeなど)の視聴時間です。動画を1時間見るとだいたい1GBの通信量を使用すると考えてください。(実際には、動画の解像度やサイズによって異なるのであくまで目安です。) メールやWEBサイトを閲覧は、気にするほどの通信容量は使用しません。
レンタル機種による通信量の違いは、各レンタル会社のホームページで確認してください。

WiFiレンタルの注意点[通信可能エリア]

レンタルする機種によって使用できるエリアが異なります。都市部はどの機種でもエリア内ですが、山間部や離島部に行くと通信可能な機種と通信不可能な機種がでてきます。 旅行や出張などで様々な場所を訪れる予定がある場合、エリアマップで確認してから注文したほうがいいでしょう。

WiFiレンタルの注意点[レンタル期間]

レンタル期間は基本的に1日単位で計算となります。レンタル会社によっては、長期間のレンタルになるとお得なパック料金が適用になるので、レンタル期間はあらかじめ、決めておいたほうがいいでしょう。 あとから延長も可能ですが、その場合、お得なパックが使えなくなってしまいます。

人気WiFiルーター記事

一時帰国の方にWiFiレンタルが大人気

FreeWiFiをおすすめできない3つの理由