WiFiレンタル時の月またぎのあり・無しってどういう意味?

WiFiレンタル時によくある「月毎の清算が必要です」や「月またぎの清算無し」といった言葉はどういう意味なのでしょうか。これからこの月またぎのあり・無しについて解説します。

月またぎ清算があると場合によっては思いもよらぬ高額に・・・

月またぎ清算とは簡単に言うと、月をまたぐ際に1度清算し、翌月また新しく借りたという形にして料金を取る形態のことです。ひとつ例を挙げると、1日735円、1ヶ月7350円のレンタル料のお店で11月25日から1ヶ月間借りようとした場合、月またぎ清算が無ければ、単純に11月25日から1か月間(12月25日まで)7350円で借りることができます。
しかし月またぎ清算があると、11月30日の月末で一度清算が行われてしまうため、11月25日~11月30日と、12月1日~12月25日までの料金を別途支払いしなければならないことになるのです。この場合、支払う料金は11月25日から11月30日の6日間×735円=4410円と、12月1日~12月25日の25日間(上限7350円扱い)の7350円となり、合計で11760円を支払わなければならない計算となってしまいます。
このように月をまたいだレンタルの場合、月またぎ清算があると通常より割高になってしまう場合が多くなってしまいます。
月またぎ清算は利用者へのメリットは特にありませんので、出来れば月またぎ清算の無いところで借りる方が良いでしょう。