WiFiの電波が拾いづらくなった場合の対策

WiFiの利用していて多いトラブルが、 「対象エリアなのに電波が入らない」もしくは「電波が弱い」というものです。 利用されたことのある方なら1度は経験していると思います。 今回はそんな、WiFiの電波が拾いづらくなった場合の対策について そもそもWiFiの電波は弱いものです。 特に、屋内のおくまった場所や地下、入り組んだ場所ではとても電波が入りにくいです。 壁や障害物などですぐに電波が拾いづらくなります。電波が弱いときの対策を下記に紹介しますので参考にしてみてください。

①WiFiなるべく高い位置に置く

室内でしたら背の高い棚やカバンの上などに置いたり、 移動中でしたらポケットに入れるより手に持って使用するなど。 基本高い位置の方が電波が拾いやすいのでお試しください。

②WiFiを障害物の少ない場所に置く

屋内ですと、入り口・窓に近い場所の方が電波が拾いやすいです。 壁が障害物として電波を通しづらくするため。 同じく本棚や家具家電に囲まれていても電波が拾いづらくなります。 またポケットの中やカバンの中など、 何かに覆われている場合も電波が拾いづらくなります。 なるべく障害物に囲まれていない場所で使用しましょう。



上記①、②に注意するだけでも相当WiFi電波の入り方が違います。 そして下記、使用する場面は限定されますが どうしてもお困りの際は試してみてください。

③即席ブースターを作る

灰皿や洗面器などの形状のものをアルミホイルで包み、 窓際へ向けてその中にWiFiを置いて使用する。 限定的な場面でしか使用できませんが、 かなり電波の拾い方が良くなります。参考までに。


以上、WiFiの電波対策でした。参考になれば幸いです!